京都府亀岡市で慢性痛を根本改善できる有楽健康整体院

有楽健康整体院


中高年の腰椎すべり症

ガンコな中高年の腰椎すべり症・分離症でお悩みの方のページです。


中高年に多い腰椎変性すべり症・分離すべり症が原因の、慢性腰痛・お尻から足にかけての神経痛(坐骨神経痛)の多くは、整体で十分改善が可能です。

もし、あなたが病院や整骨院の保険診療で腰椎変性すべり症や分離すべり症のつらい痛みが、なかなか楽にならないとお悩みでしたら是非このページをご覧ください。


老人性の腰椎分離症・分離すべり症

30代以降の中高年に起こる腰椎分離症・すべり症は、若者のケースとは原因や症状が異なります。
10代の場合は組織が成長過程であるために弱く傷つきやすいのに対し、中高年の場合は組織の老化・劣化が主な原因になります。

歳をとるにつれて軟らかかった椎間板は硬くなり、椎間関節も次第にすり減り、周辺の筋肉や靭帯にも張りがなくなって硬くなります。その結果、腰椎を支える力がだんだん衰えて、荷重や衝撃を支えきれなくなり疲労骨折を起こします。若い頃に痛みのない軽めの状態で発症して、 中年を過ぎた頃に痛み始める場合もあります。

基本的な症状は若年性のものと同じですが、長く慢性的に進むのが特徴です。最初は仕事や家事で疲れがたまると鈍い痛みを感じる程度ですが、重くなったり軽くなったりを繰り返しながら、腰やお尻の筋肉がしつこく痛むようになります

骨折をともなわない「腰椎変性すべり症」

腰椎分離すべり症は、関節が骨折・分離することで椎骨が前方にすべりますが、分離していないのにすべりが生じるものを腰椎変性すべり症といいます。

加齢によって椎間関節や椎間板が変形し、椎骨を連結する働きが弱くなるために起こります。40歳以上の中年女性に圧倒的に多くみられるため、女性ホルモンとも関係があると考えられているほか、椎間関節が生まれつき弱い人にも発症しやすくなります。症状や治療法は腰椎分離すべり症と同

                    当院でよくうかがう、坐骨神経痛でのお悩みとは?
  • 最近、お尻から太もも、ふくらはぎにかけて痛みやしびれ、だるさを感じる。
  • しばらく歩くと足が痛くて歩けなくなる。
  • 長時間、座ったり寝ていたりすると、お尻から足がジワ~ッと痛くなってくる。
  • 保険で治療して2週間以上たっても、痛みが全然変わらない。
  • 痛み止めやシップが効かなくなってきた。
  • 足の付け根の外側が痛くて、足に力が入らない。
  • 痛みがつらいので病院で検査をしたが、異常なしと言われた。
  • 病院で坐骨神経痛と診断されたが、しばらく様子をみましょうと言われた。
  • 今度こそ対症療法ではなく、根本的に改善したい。
  • だんだん悪化して、お仕事や家事に支障がでてきた。

有楽健康整体院のご案内

住      所:

〒621-0834
京都府亀岡市篠町広田3丁目8-5

アクセス:

亀岡市バイパス篠インター下車5分
東つつじヶ丘郵便局徒歩1分

お問い合わせ・ご予約
0771-25-7149
定休日:
毎週月曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ