京都府亀岡市で慢性痛を根本改善できる有楽健康整体院

有楽健康整体院


四十肩・五十肩の症例集

肩・首・背中のこりや痛み・頭痛の症例集          
あなたの症状に似ている症状を見つけてください。


※当院の押圧と矯正に使う手技はとてもソフトで安全です。

【補足資料】 背骨(頸椎・胸椎・腰椎)と骨盤の歪みと捻じれ。
         ※メディカルイラスト図鑑より抜粋
20130808161017.png

(症例)肩・背中のこり

 
【患者】 京都府亀岡市在住 男性(30代後半) 2016年6月来院
 

症状

数年前からお仕事の疲れがたまってくると、肩・背中・首にひどいコリを感じる様になり、そのたびにマッサージを受けて凌いでいたが、今回は特に肩と背中が痛だるく詰まる様な感じになり、マッサージをしてもなかなか改善しないので、今度こそ根本的に楽になりたいと来院される。
 

治療経過と内容

(初回6月10日)背骨の歪みを触診すると、頸椎2番と4番 胸椎1番と3番にねじれがありその周りの筋肉に圧痛を確認したので、この椎骨のねじれが、首と背骨のこりの根本原因と推察。 また肩・首・背中の筋群を触診すると、特に肩甲挙筋のシコリ(筋硬結)はカチカチに固まり、押圧しても何も感じない程の神経マヒを起こしていた。
※シコリが神経マヒを起こしている状態とは、単なる張りやコリではなく、むち打ちの後遺症の様に痛くて重だるくきついコリになる。
  症例イラスト7.jpg
まず、首・肩・背中の表層の筋肉(主に僧帽筋)を、血液循環押圧で一通り緩め、さらに深層の肩甲挙筋・棘上筋・菱形筋(腱引き筋)のシコリを軽く緩めることで、少し肩回りが軽くなる。
さらに、頸椎2・4番(首部分)と胸椎1・3番(背中部分)をピンポイントでねじれを矯正することで、首から背中にかけての詰まったような痛だるさが半減する。
 
3回目(6月22日)の施術後、肩甲挙筋の神経マヒもとれ、肩こりと背中の痛みが消失してこりが楽になる。
 

同時に改善した症状

慢性疲労
 

矯正した主な関節

頸椎2・4番 胸椎1・3番 肩甲骨
 

シコリ(筋硬結)を緩めた筋群

肩甲挙筋・棘上筋・菱形筋・僧帽筋
 

考察

患者さんは、今まで背骨の歪みを整えることなく、肩・首・背中のコリをがきつくなったらマッサージで対処されていたが、30代も後半に入り徐々に老化の影響が出てくることで、今までの様にマッサージだけでは対処しきれなくなられたと推察。(このように今まで大丈夫だったことが、ある年齢を超えると老化の影響が強くなり大丈夫でなくなる事例は多い。)
 
患者さんはまだ30代後半で自然治癒力も強いので、今まで対処しなかったこりの原因の半分にあたる背骨の歪みを直接矯正することで、比較的早期に改善された。

有楽健康整体院のご案内

住      所:

〒621-0834
京都府亀岡市篠町広田3丁目8-5

アクセス:

亀岡市バイパス篠インター下車5分
東つつじヶ丘郵便局徒歩1分

お問い合わせ・ご予約
0771-25-7149
定休日:
毎週月曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ