京都府亀岡市で慢性痛を根本改善できる有楽健康整体院

有楽健康整体院


自律神経の症状

   自律神経の症状は、冷え性の体質(血液循環の悪い体質)を、腹部内臓から根本的に改善すると、ほとんどの症状が改善に向かいます。
   
この様な症状やお悩みはお任せください!


  • 頭痛・めまい・吐き気などの症状が薬を飲んでも良くならない。
  • きつい肩こりが何をしてもとれない。
  • 体も心も慢性的に疲れて、仕事や家事がしんどい。
  • いつも胃腸の調子が調子が悪い。
  • すぐにイライラしたり不安になったりする。
  • ずっと続く不眠症を睡眠導入剤なしで改善したい。
  • 自律神経失調症と言われて、薬を飲んで抑えているが、だんだん薬が増えて怖くなってきた。
  • いつまでも症状が改善しないと訴えると、精神的な治療を勧められる。
  • なんとか、薬に頼らず自分の自然治癒力で回復したい。
私は今まで数多くの自律神経の患者さんをみてきましたが、ほとんどの方に共通しているのが、もともと冷え性(無自覚の方もいますが)の体質になります。

そして、この冷え性の体質を改善していくと、同時に自律神経の症状が改善していくケースが本当に多いのです。


自律神経失調症とは一言で言うと『ストレスなどが原因で自律神経機能のバランスが乱れ、様々な不定愁訴が起こった状態』を言います。

ストレスは、肉体的ストレス・精神的ストレスなど様々にありますが、強いストレスでも自律神経の症状が出ない方や、少しのストレスでも症状が出る方がいます。

そして後者のストレスに弱い方
冷え性は東洋医学では、
瘀血(おけつ)体質と呼ばれ全身の血液循環の悪い体質のことです。この瘀血(おけつ)体質の人に様々なストレスが重なって、自律神経のバランス不定愁訴が慢性化した状態、自律神経の

不定愁訴とは、肩や首がこる、頭痛がする、背中が重い、体がだるい、元気がでない、疲れやすい、風邪をすぐ引く、足が冷える、生理痛がひどい、やる気が湧かない、・・・・

などの症状が、病院に行って検査をしてもなんら病的な異常が発見されない状態のことを言います。



そして病院ではこの不定愁訴が慢性化している人に対して、とりあえず自律神経の症状と判断しているケースが多いのです。

自律神経の症状 と考えられます。

不定愁訴は、





自律神経失調症とは、
自律神経失調症については、様々な本やネットで沢山の情報を見ることができますので、ここではできるだけ分かりやすくまとめてお伝えします。


ここで、ストレス・自律神経機能・不定愁訴 というキーワードを一つずつ説明します。

ストレス


有楽健康整体院のご案内

住      所:

〒621-0834
京都府亀岡市篠町広田3丁目8-5

アクセス:

亀岡市バイパス篠インター下車5分
東つつじヶ丘郵便局徒歩1分

お問い合わせ・ご予約
0771-25-7149
営業時間:
【午前】08:00~15:30
【午後】18:00~21:00(最終受付:20:30)
定休日:
毎週月曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ