京都府亀岡市で慢性痛を根本改善できる有楽健康整体院

有楽健康整体院


首痛・首のこり・寝違い

s_kansetsutsuu_kubi[1].pngこのページでは、首痛・首のこり・寝違いについてのよくある疑問と、首のこり・痛みの改善方法をできるだけ分かりやすくご説明します。
先ずは、首のこり・痛みで当院の整体を
受けた
皆さんの喜びの声をご覧ください!


頸椎変形症の神経圧迫が改善して以前の状態に戻る事ができ大変喜んでいます。

酷い肩・腕・背中の痛みでお悩みだったK・T様 京都府亀岡市在住40代女性

突然、左肩から背中、左腕にかけて酷い痛みがあり寝違いと思っていましたが、病院で頚椎変形症で神経を圧迫している事が原因と診断されました。1カ月程、内服薬と牽引で通院し、少し痛みが軽減したものの想うように回復せず、このままずっとこの痛みが続くのかと不安と暗い気持ちで悩んでいたところ、知人から有楽健康整体院さんを紹介されました。

通院して3~4回目位から症状が軽快していき、当初は痛みで出来にくくなっていたうつ伏せ等の姿勢も自然に出来る様になり、以前の状態に戻る事ができ大変喜んでいます。 本当に有難うございました





                                ※施術効果には個人差があります。

 

首、肩こりと体全体が楽になって、毎日の生活も楽しいです。

以前から首・肩こりでお悩みだったK・K様 亀岡市在住50代男性

首、肩のこりがひどく、以前から悩んでいました。整体院とかクイックマッサージに通っていましたがその時だけでした。

有楽健康整体院にお世話になって、何回かで体全体が楽になって毎日の生活も楽しいです。先生ありがとうございます。これからも宜しくお願いします。







                                 ※施術効果には個人差があります。

頭重感や首こりがスッキリと軽くなり、体調も良くなり助かっています。

首痛と頭重感で悩まれていたK・I様 京都府亀岡市在住の40代女性

Pc作業時間が長く、知らないうちに首、肩がこり固まっていた様で、肩こりの自覚はさほどなかったのですが、頭重感と首の後ろの心地悪さに悩まされていました。

先生の施術を受けてからは、頭や首がスッキリと軽くなり体調も良くなり助かっています。姿勢や日常生活上での身体の動かし方など、色々とアドバイスいただき、そのことを心がけながら日々の生活を送っております。





                                 ※施術効果には個人差があります。

最近、頭痛もなくなり健康的な生活が送れるようになりました。

京都府南丹市在住のM・T様(30代男性) 症状:首のヘルニア・偏頭痛

首のヘルニアになってしまって、右肩が痛くて仕事に支障が出て困っていました。先生にお世話になってから、肩の痛みがなくなり、もともと偏頭痛もあったのですが、頭痛もなくなり、先生に教えてもらった体操もすることで、最近体が軽くなった感じがして、健康的な生活が送れるようになりました。

先生には大変感謝しております。本当にありがとうございました。





                                 ※施術効果には個人差があります。

右肩の痛みがすっかり取れて、気持ちが明るく姿勢も良くなりありがたい限りです。

京都府亀岡市在住のY・M様(60代女性) 症状:夜も眠れない程の肩の付け根の痛み

昔の仕事の古傷で、右肩から首、頭の方までと、右腕の付け根までうずいて耳鳴りまでする様になり、夜も痛みで眠れなくなりましたが、有楽健康整体院に通う様になり、4回位ですっかり痛みもとれ、動作も軽くなり、今でも仕事を続けています。

おかげ様で気持ちも明るく姿勢も良くなり、食事もおいしくありがたい限りです。





                                ※施術効果には個人差があります。

 

首のこり・痛みについてのよくある疑問

首のこりは、どんな状態で起こっていますか?

今起こっている首のこりの状態は、首の骨周辺の筋肉が緊張して疲労物質である乳酸や二酸化炭素が筋肉内に溜まって血流が悪くなり、慢性的に硬くなっている状態です。(牛肉で例えると筋肉がすじ肉になった様なもので、血液の色が薄くて硬くなっています。)

Q、慢性的な首の痛みはどんな状態で起こっていますか?

A、首のこり(筋肉の硬化)がさらにひどくなると、痛みのもとになるシコリ(筋硬結)が出来て、慢性的な痛みになります。重度になると、腕や手先に神経痛が走ることもあります。

Q、寝違いはどんな状態で起こっていますか?

A、頸椎(首の骨)が歪み、首のこりが慢性化すると、寝ている間に首の筋に軽いねん挫を起こしやすくなります。 首の筋にねん挫が起きると、筋が炎症や疼痛をおこして、寝違いの状態になります。

ギックリ腰と原理はほとんど同じなので、寝違いはギックリ首とも言われています。ギックリ腰と同じで何度も繰り返すと、首のヘルニアや手の神経痛につながるリスクがありますので、寝違いがクセにならない様に対処することが大切です。

Q、首のこりや痛みの原因は何ですか?

主な原因は下記の3点になります。

  • 背骨の首から背中にかけての関節に小さなねじれやズレが起こると、首周辺の血流が低下して首が硬くなります。
  • 日常的な猫背やストレートネックなどの悪い姿勢(首から肩の筋肉を慢性的に緊張硬化させます。)
  • 慢性疲労(疲労物質が溜まり筋肉を硬くさせます。慢性的に疲れがたまっている人ほどこりがきつくなります。)と老化

 

Q、首の痛みはどの様な方がなりやすいですか

  • 毎日、長時間の事務仕事をされている方。
  • 比較的身長の高い方。
  • 冷え性や自律神経の弱い方(首周辺の血流が悪くなるため)
  • 首から肩にかけての筋肉が弱い方。
  • 猫背がくせになっている方。
  • 毎日何かと忙しくて慢性的に疲れやすい方。
  • 首から背中にかけての背骨の関節の硬い方。
  • 50歳を回っても、お仕事をフルにこなしている方。

※当院に首の痛みで来院される方の8割は女性です。理由は、女性は男性よりも首から肩にかけての骨格が細く、筋力が弱いためです。

反対に男性は骨格が太く筋肉が強いために、筋肉がこっていても感じないという方が多いのです。

ただし、男性でもお仕事が肉体的にハードであったり、50代以上になってくると、老化の影響を強く受けて首に痛みが出やすくなります。

Q、首のコリから痛みになったらどうしたら良いですか?

A、基本的に原因の一つであるハードなお仕事など生活習慣や老化による筋力の低下と硬化は変えにくいので、もう一つの根本原因である首から背中にかけての背骨の関節の歪み(首で7個・背中では12個の関節があります。)を整えることが必要になります。特に首から背中にかけての椎骨の細かなズレを矯正すると劇的に楽になるケースが多いです。
 

Q、整体で首のこりや痛みは楽になりますか?

A、はい、基本的に一般的な筋肉痛が原因の首の痛みはほぼ日常的に楽になります。しかし、50代を回り、こりが進行悪化して首の病気(頸椎ヘルニア・狭窄症)からの手先のしびれなどが出だすと、だんだんと改善が難しくなってきます。
 

Q、シップや痛み止めで痛みはある程度は我慢できるのですが?

A、シップや痛み止めは、患部の痛みを緩和しているだけで、改善しているわけではありません。背骨の歪みなどの痛みの本当の原因をそのままにして、シップや痛み止めで痛みを抑えて我慢していると、ついには痛み止めが効かないくらい悪化して、手先の神経痛になるリスクが高まります。やはり、薬に頼らずに背骨の関節を整えて、自然に首のこりや痛みが出ない様にすることが大切です。
 

当院の首のこり・痛みの改善方法。

1、まず、首の痛みの根本原因である背骨の硬化を緩め、柔軟性を取り戻してから、背骨の関節のズレや歪みを矯正していきます。

2、次に実際に首の部分で痛んでいる患部周辺の、血流障害からくる筋硬結(しこり)を緩めます。これでほとんどの首の痛みは楽になります。

※病院で頸椎ヘルニアや狭窄症と診断されていても、当院の施術で首の痛みや手の神経痛が改善される方もたくさんいらっしゃいますので、諦めずにご相談ください。

50代を超えて、首のこり・痛みや寝違いがクセになると、首の関節症(頸椎椎間板ヘルニアや狭窄症)からの腕から手先にかけての神経痛になるリスクが高まります。一度損傷した頸椎は修復できませんので、できれば薬やシップで首のこりや痛みを長期間我慢せずに、背骨を整え、筋硬結をゆるめることで自然に首の痛みが出ない体質を作ることをお勧めします。

 

有楽健康整体院のご案内

住      所:

〒621-0834
京都府亀岡市篠町広田3丁目8-5

アクセス:

亀岡市バイパス篠インター下車5分
東つつじヶ丘郵便局徒歩1分

お問い合わせ・ご予約
0771-25-7149
定休日:
毎週月曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ