京都府亀岡市で慢性痛を根本改善できる有楽健康整体院

有楽健康整体院


腰椎椎間板ヘルニアと手術

椎間板ヘルニア女性.png腰椎椎間板ヘルニアの手術でお悩みの方の為のページです。









  1. 腰椎椎間板ヘルニアからの腰の痛みや坐骨神経痛がきつく、保存療法ではなかなか改善しないので手術を勧められて困っている。
  2. 病院で腰椎椎間板ヘルニアと診断されたが、「手術はまだ早いのでしばらく様子を見ましょう。」と言われてどうしたら良いかわかない。
  3. 以前に腰の手術を受けたが、最近また痛みが再発してきた。
  4. 痛みをとるには腰椎椎間板ヘルニアの手術しかないと言われたが、なんとか手術に頼らず今の痛みを取りたい。
以上の様な腰椎椎間板ヘルニアの手術についてお悩みの方でも、多くのケースで整体で痛みが楽になる可能性があります。もしあなたが腰椎椎間板ヘルニアの手術についてのお悩みがあれば、手術を受ける前に是非このページをご覧ください。

1、腰椎椎間板ヘルニアとは

腰椎椎間板ヘルニアを簡単にご説明すると、背骨の腰の部分(5つの椎骨と椎間板で上からL1~L5・仙骨となる。)の椎間板(クッション部分)が、背骨の前後・左右の歪みや、腰の筋肉の硬化・弱化により耐え切れず、飛び出して腰や足につながる神経を圧迫して、腰痛や坐骨神経痛を引き起こす病気です。

20代~40代の男性に多く(女性の3倍です。50代以上の方もいます。)、大きな原因として考えられるのは、

老化による椎間板の変性(老化は20代からはじまります。)
遺伝や生活習慣の姿勢の歪みによる、背骨の前後・左右の歪み(側彎)と骨盤の歪み(O脚・外股)
腰に負担のかかるお仕事(肉体労働や毎日長時間立ちっぱなしや座りっぱなしのお仕事)

などの原因が重なって起こります。

2、腰椎椎間板ヘルニアと手術(現代医学)

遺伝やケガを除く膝・股関節・首・腰部脊柱管狭窄症などの手術が50代以上から増えていくのに対して、腰椎椎間板ヘルニアは、20代~40代でも手術を勧められることが多いのが大きな特徴です。

ただ、手術後にすっきりと痛みがとれる人もいる反面、ごく少ないですが感染症や後遺症瘀リスクや、手術をしても痛みが変わらないケースや数年後に痛みが再発するケース(これらは結構あります。)もあり、また特に若い人は将来もありますので、多くのお医者様は積極的に手術をすすめることはありませんが、病院である程度の保存療法や薬物用法・理学療法などを行い、それでもまったく痛みがとれずに、患者さん本人がお仕事や日常生活に支障をきたして、どうしても痛みを取りたいと訴えた場合は、手術を勧められることがあります。

病院(西洋医学)では、骨(椎骨・椎間板)を中心に症状を判断しますので、椎間板がつぶれて神経を刺激していることが、映像(MRI・CT)ではっきりと写っていれば、腰痛や坐骨神経痛の根本原因は、ヘルニアの神経圧迫と断定されて、保存療法でいつまでも痛みがとれずにいると、「このまま痛みを我慢するか、手術をするかどちらにしますか?」ということになります。
 

3、椎間板ヘルニアと当院の整体(東洋医学)

しかし、東洋医学的考えの整体(当院)では、椎間板ヘルニアの原因は骨よりも、むしろ骨の歪みやズレによる腰周辺の靭帯や筋肉の炎症や虚血性疼痛(血流が悪くなって筋肉が痛むこと)が、神経を刺激していることの方が多いのではないか?と考えます。

これは、実際に椎間板ヘルニアがなくても慢性腰痛をもっている人がいたり、椎間板ヘルニアが重度でもほとんど腰が痛まない人がいたりすることがよくあるからです。

また腰椎椎間板ヘルニアの痛みがとれず、病院で手術を勧められた方であっても、当院で背骨の土台にあたる股関節・骨盤と、実際に痛みのでている背骨(腰椎)の歪み自体を直接矯正する整体の手技と、カチカチになった腰椎周りの筋肉を緩め、炎症や虚血性疼痛を鎮める整体の手技を組み合わせることで、きつい腰痛や坐骨神経痛がお仕事や日常生活に支障がない、あるいはほとんど感じない位のレベルまで回復する方が結構いらっしゃいます。

ある程度のリスクのある椎間板ヘルニアの手術はあくまで最終手段です。ましてや、まだまだ働く年月の長い、若い方ならなおさらです。手術を受ける前に整体を受けてみて、慢性の腰痛や坐骨神経痛の症状がお仕事や日常生活を支障なく行えるくらいにまで楽になれれば、それに越したことはありません(可能性は結構あります。(^◇^))。

また、整体を何度か受けてみてたとえ改善が見込めなかった場合でも、その後で腰椎椎間板ヘルニアの手術を決断しても十分間に合いますので、手術でお悩みがありましたら決断をする前に是非一度ご相談いただけれたらと思います。
 

4、過去に腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けたが痛みが再発されている方へ。

腰椎椎間板ヘルニアの手術を受けてもほとんど痛みが変わらなかった方や、何年かは楽だったが痛みが再発してきた方は、症状の原因が骨よりも筋肉の問題が大きかったと考えられますので、骨中心の再手術を考える前に筋肉の炎症や疼痛を整体で収めることをお勧めします。
 

 



 

 
 

有楽健康整体院のご案内

住      所:

〒621-0834
京都府亀岡市篠町広田3丁目8-5

アクセス:

亀岡市バイパス篠インター下車5分
東つつじヶ丘郵便局徒歩1分

お問い合わせ・ご予約
0771-25-7149
定休日:
毎週月曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ