京都府亀岡市で慢性痛を根本改善できる有楽健康整体院

有楽健康整体院


自律神経の症状

ストレスを受ける女性画像.jpg病院(薬物療法)ではなかなか改善できない、自律神経のこの様な症状やお悩みはお任せください!

  • 頭痛・めまい・吐き気などの症状が薬を飲んでも良くならない。
  • きつい肩こりや背中の痛みが何をしてもとれない。
  • 体も心も慢性的に疲れはてて、何もやる気が起きない。
  • 体のあちこちが痛む。
  • いつも胃腸の調子が悪い。
  • すぐにイライラしたり不安になったりする。
  • よく動悸や不整脈がでる。
  • 常に首から頭にかけて重く仕事や勉強に集中できない。
  • ずっと続く不眠症を睡眠導入剤なしで改善したい。
  • だんだんと仕事や生活に支障をきたしている。
  • 自律神経失調症と言われて、薬を飲んで抑えているがだんだんと薬が増えてきた。
  • 病院でいつまでも症状が改善しないと訴えると、精神的な治療を勧められた。
  • なんとか、薬に頼らず自分の自然治癒力で回復したい。

自律神経の症状で、症状一つ一つを診る対症療法や薬物療法に行き詰っている方は、ご自分の身体の自然治癒力を高めて体質から根本的に症状を改善していく自然(整体)療法をお勧めします。

自律神経の症状に深くかかわる瘀血(おけつ)体質とは

常に肩や首が張る、背中が痛い、腰が痛い、足が冷える、頭痛やめまいがする、いつもなぜかしんどい、胃腸が弱い、生理痛がひどい、体に力が入らない、などの症状(不定愁訴)は、身体の血液循環や内臓の機能が低下して、身体の隅々まできちんと良質(サラサラ)の血液が届いていないことで起こっています。
血液ドロドロイラストや.pngこの様に身体全体の血液循環が悪い、あるいは血液の質が悪い(ドロドロ)体質のことを昔から東洋医学では瘀血体質とよび、現代では一般的に冷え性の体質と呼んでいます。
血液さらさらイラストや.pngこの冷え性の体質により不定愁訴が慢性的に続き、そこに様々なストレスが精神的に我慢が続けられる限界を超えると、今度は体の不調にプラスして、『やる気がでない、不安神経症、パニック障害、うつ』などの精神的な不調が出やすくなります。

肉体的にも精神的にも様々な不調がでて、病院で検査を受けてみても、西洋医学では瘀血という概念がないため、定められた検査数値以上の数値が出ない限り『どこも悪くありません。』と言われて、とりあえず、薬やシップでしばらく様子をみて、改善が見られなければ『自律神経の症状かもしれません。』ということになります。

薬イラスト.jpgそしてさらに長期間不定愁訴が続くと、心の病を疑われて心療内科やひどい場合は精神科を紹介され、投薬治療を行い改善がみられなければ薬の量が増えていき、副作用のリスクが高まっていきます。

自律神経の症状の根本的な改善方法

店長2[1].jpgこんにちは。京都府亀岡市 有楽健康整体院 院長の西脇です。 私は今まで12年間、数多くの自律神経の患者さんをみてきましたが、ほとんどの方に共通しているのが冷え性(無自覚の方もいますが)の体質になります。

そして、この冷え性の体質を改善していく施術や生活習慣のアドバイスをしていくと、自律神経の様々な症状が改善していくケースが本当に多いのです。

自律神経失調症とは一言で言うと『ストレスなどが原因で自律神経機能のバランスが乱れ、様々な不定愁訴が起こった状態』とされています。



ストレスには、肉体的ストレス・精神的ストレス、環境ストレスなど様々にありますが、不思議なことに強いストレスをたくさん受けても自律神経の症状がまったく出ない方(ストレス耐性が強い)や、少しのストレスでも症状が出る方(ストレス耐性が弱い)がいます。

この違いはストレス耐性の弱いかたは、『慢性的に身体の自然治癒力(代謝能力)が低下していることでストレスに弱い状態になっている』と考えれば十分納得ができるかと思います。 
慢性疲労女性画像.jpg
つまり身体の代謝能力(血液・リンパ・脳脊髄液の流れで特に血流が大切)が弱い状態の方ほど、ストレスに弱く自律神経の症状が出やすいと言うことになり、逆に考えると身体の代謝能力(自然治癒力)を高めていくとストレスに強い身体になり、自然に自律神経の症状が回復していくと言うことになります。

『木を見て森を見ず』という言葉がありますが、当院では自律神経の症状(木)を一つ一つ改善していくよりも、体質(森)から根本的に改善することを重要と考えて、

1、低下している身体の血液循環と内臓機能を向上させる。

2、代謝と神経伝達の妨げになっている身体の歪み(特に各関節部分)を調整する。


この二つの整体アプローチを行うことで、患者様本来の身体が持つ自然治癒力(代謝能力)を向上させて、自律神経の様々な症状を改善してきました。

笑顔の女性1[1].jpg もしあなたが今現在、

『どこに行っても自律神経の症状が改善しない。』
『自律神経の症状を体質ごと改善したい。』
『薬を減らしていきたい。』
『このままではお仕事や日常生活がつらい。』
『自律神経の症状と言われてどうしたら良いのか分からない。』


とお悩みでしたら、是非一度ご相談ください。お待ちしています。

3人笑顔400.JPG ※施術自体は痛くなく、女性やお年寄りにも安心して受けることができます。

瘀血(冷え性)体質が自律神経の症状(不定愁訴)につながる理由

瘀血体質(以下 冷え性)とは、血液がドロドロ、ネバネバになったり、血液そのものの量が少なかったりすることで、体のあちこちの組織に血液不足が生じている状態です。
では、なぜ様々な組織に血液が不足すると、自律神経の症状(以下 不定愁訴)が出るのかといいますと、血液の働きを考えると理解できると思います。

血液の働きを簡単にご説明すると、

1、体の隅々まで酸素を運び、二酸化炭素を回収する。

2、カルシウムやたんぱく質(アミノ酸)などの栄養素を組織に運び、老廃物や代謝の結果できた有害な物質(ゴミ)を内臓に持ちかえって処理をする。

3、病原菌を退治する(白血球)

4、体温を調節する。

5、ホルモンを必要な組織に運ぶ。

6、筋肉を柔らかくしている。(牛肉に例えると、血液が少ないく白くて硬いすじ肉と血液たっぷりの赤くて柔らかいカルビの違い)

など、身体の維持や機能に直結する大切な仕事をしています。

実際に、脳の血流が詰まって滞ると脳梗塞に、心臓の血流が滞ると心筋梗塞になり、体内の血液が3分の1になると生命の危機になります。また死んで血流がストップすると死後硬直が始まります。

身体を街にたとえると血液は24時間、トラックの運転手として必要な栄養を隅々まで運び、代わりにゴミを回収して街をきれいにし、また警察官として治安を守り、空調(体温)を調節して重要物資(ホルモンなど)を臓器に届けるスーパーな働きをしていることになります。

そして、この血液の循環が悪い組織(筋肉、内臓、関節等)が、栄養不足や沢山の老廃物や二酸化炭素で汚れてしまい、硬いシコリの状態になり不定愁訴(自律神経の症状)の原因になってしまうのです。

この様に血流不足が肩に起こると肩こりに、腰に起こると腰痛に、頭に起こるとめまいや頭痛に、足に起こると足の冷えに、胃に起こると胃の不調に、そして身体全体に起こると慢性疲労や自律神経の症状に繫がるので、昔から東洋医学では 冷え性は『万病の元』 というのです。


慢性疲労女性イラスト.jpg

有楽健康整体院のご案内

住      所:

〒621-0834
京都府亀岡市篠町広田3丁目8-5

アクセス:

亀岡市バイパス篠インター下車5分
東つつじヶ丘郵便局徒歩1分

お問い合わせ・ご予約
0771-25-7149
営業時間:
【午前】08:00~15:30
【午後】18:00~21:00(最終受付:20:30)
定休日:
毎週月曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ