京都府亀岡市で慢性痛を根本改善できる有楽健康整体院

有楽健康整体院


背中のこり・痛み

背中の痛み施術480.jpgこの様な症状やお悩みはお任せください。
  • いつも背中が、鉛を張った様に重くてだるい。
  • 最近、肩甲骨の周りが痛む。
  • 毎日背中が痛くてしんどいので、胃や肝臓、すい臓などが悪いのかと不安だ。
  • マッサージや整骨院では根本的に改善しない。
  • 背中の痛みで眠れない時がある。

 しつこい背中のこりや痛みが楽になられた皆さんの喜びの声!

egao.jpg

今後も定期的に通い、元気に過ごしたいと考えています。

H・K 男性49歳  症状:背中の鈍痛・五十肩

約20年くらい背中の鈍痛に悩まされてきました。2回目の施術くらいから痛みもなくなり、五十肩も軽くなっていたことに気付きました。

今後も定期的に通い加齢しても元気に過ごしたいと考えています。ありがとうございました。

                                ※施術効果には個人差があります。

 

楽になって良かったです。本当にありがとうございました。

Y様 女性37歳  症状:肩こり・背中の痛み

毎日座り仕事で、肩コリがひどく、特に背中が痛くて痛くて、触っても感覚がない状態でした。少しでも楽に・・・と思い、有楽健康整体院さんに通いはじめて、何度か通院して、1日仕事をしても、3日しても、1週間しても、背中の痛みがつらくない事に気づきました。

教えてもらった体操も頑張って、毎日続けていこうと思います。楽になって良かったです。本当にありがとうございました。

                                 ※施術効果には個人差があります。

頭や首がスッキリと軽くなり、体調も良くなり助かっています。

K・I様 女性46歳  症状:首痛と頭重感

Pc作業時間が長く、知らないうちに首、肩がこり固まっていた様で、肩こりの自覚はさほどなかったのですが、頭重感と首の後ろの心地悪さに悩まされていました。

先生の施術を受けてからは、頭や首がスッキリと軽くなり体調も良くなり助かっています。姿勢や日常生活上での身体の動かし方など、色々とアドバイスいただき、そのことを心がけながら日々の生活を送っております。

                                 ※施術効果には個人差があります。

血圧がさがり、ご飯もおいしくあまりしんどいと思わなくなりました。毎日が楽しいです。

野崎様 女性75歳  症状:肩・背中のこり

肩、背中のこりで気分が悪く有楽健康整体院に寄せてもらいました。2回目頃から体がかるくなったように思います。お医者さんで初めて血圧が下がり、目方も減っていたのでびっくりしました。

だんだんと良くなりました。ほんとうにうれしい今日この頃です。ありがとう御座います。ご飯もおいしくなりあんまりしんどいと思わなくなりました。毎日が楽しいです。

                                 ※施術効果には個人差があります。

 

背中の痛みの原因と根本的な改善方法



店長2[1].jpg


こんにちは。京都府亀岡市 有楽健康整体院 院長の西脇です。一般的に背中の痛みとは、背中が鉛を張った様にだるい、張る、しんどい、痛いなどの症状があり、きつい人は、夜も眠にくいとおっしゃる方もいらっしゃいます。

また、背中の痛みが続くと心臓や肝臓などの内臓の不調かもしれないと、毎日が不安になる方もいらしゃいます。


そこで、マッサージやはり、電機、シップなどを受けられるのですが、一時的に楽になってもすぐに元に戻るパターンを繰り返す方が多く見受けられます。

背中の強いコリや痛みのほとんどは、下図の様に背骨(肩甲骨周辺で医学的に胸椎1番~6番)のズレ(歪み)が、背中の筋肉を持続緊張させていることが根本原因になっていますので、まずはきちんと胸椎のズレ(歪み)を取ってから、筋肉の緊張をほぐさないと、根本的、持続的に楽にはなりません。

20130808161017.pngつまり、関節と筋肉の両方にアプローチする必要があるのですね(^^♪

当院では、胸椎1~6番の(背骨)のズレ(歪み)を瞬時(約5秒ですが痛くはなくスッキリします。)に整え、カチカチに硬くなった胸椎周りのシコリ(筋硬結)を丁寧に緩める独自の整体技術を使用することで、マッサージや整骨院、シップ等で改善できなかった慢性化した肩こりや背中の痛みでも、ほとんどのケースで早期(1~3回)での症状の改善を実感していただく自信があります。

※背中の痛みと同時に、肩こり・首の痛み・腰痛・肩から腕にかけての神経痛を起こしている方が多いので、そういう方はもちろん一緒に改善させて頂きます。
五十肩施術画像2.jpg 実際にこの12年の間、本当に沢山の方々から

『いつも気分が悪かった背中の痛みがとれ、からだが軽くなりました。』
『鉛を張った様にきつかった背中の痛みがスッキリと楽になりました。』
『背中の痛みが長く続くので内臓が悪いのかとずっと不安でしたが、3回で楽になり安心しました。』

腰痛矯正施術 画像.jpg などのお声や感想を頂いてきました。もし、あなたが、つらい肩こりや背中の痛みが『3回以上通院しても一時的にしか変わらない』とお悩みでしたら、是非一度
当院の根本的な治療系の整体を受けてみてください。

整体料金と地図はコチラ(京都府亀岡市篠町広田3丁目8-5)

※当院の施術はとてもソフトで痛くありませんので、女性やお年寄りの方でも安心して受けて頂けます。(^^♪


3人笑顔400.JPG

 

背中の痛みについてのよくある疑問

Q、背中の痛みでは、どんな症状の方が来院されますか?

A、軽度の方では、肩甲骨周り(腱引き筋や腕の付け根)の張りやコリを訴えられます。

比較的重度の方では肩甲骨の痛みやうずき(疼痛)を感じ、ひどい人は夜背中が痛だるく(疼痛)て眠れないとか、背中から腕まで神経痛が走るという方もいらっしゃいます。

背中のこりは、どんな状態で起こっていますか?

背中のこりの状態は、肩甲骨周辺の筋肉が緊張して疲労物質である乳酸や二酸化炭素が筋肉内に溜まって血流が悪くなり硬くなっている状態です。(牛肉で例えるとすじ肉のようなもので、血液の色が薄くて硬いですね。)

背中の痛みやそれに伴う腕の神経痛は、どんな状態で起こっていますか?

こりがさらにひどくなり、深層筋の一部がカチカチのシコリ(筋硬結)の状態になると、炎症や疼痛の痛みになります。また炎症や疼痛が腕の神経を刺激すると、腕の神経痛を引き起こします。

背中のこりや痛みの原因は何ですか?

主な原因は下記の5点になります。

  • 背骨の背中の部分(胸椎1~7番)のねじれやズレが大きくなると、背中の筋肉やじん帯が緊張してコリや痛みがでます。(背骨の左右の歪み)
  • 日常的な猫背やストレートネックなどの悪い姿勢は、肩から背中の筋肉を緊張硬化させます。(背骨の前後の歪み)
  • 慢性的に疲労が溜まると、筋肉中に乳酸などの疲労物質が溜まり筋肉を硬くさせます。また、内臓の疲れも背中に出ることもあります。
  • 血液循環の悪い体質(冷え性)の方は、筋肉が硬く弱くなりやすいので、肩こりや背中の痛みを起こしやすいです。
  • 内臓(胃・肝臓・心臓)の病気や腫瘍による背中の痛み(整体では改善は不可能です。)

Q、背中の痛みはどの様な方がなりやすいですか

  • 毎日、長時間の事務仕事をされている方。
  • 冷え性や自律神経の弱い方(血流が悪くなるため)
  • 背骨の歪み(ズレ)がきつい方。
  • 猫背がくせになっている方。
  • 毎日何かと忙しくて慢性的に疲れている方。
  • もともと体の硬い方。
  • 胃などの内臓の機能が弱い方。


※当院に背中の痛みで来院される方の8割は女性です。理由は、女性は男性よりも肩から背中にかけての骨格が細く、筋力が弱く、冷え性の方が多い為です。

反対に男性は骨格が太く筋肉が強いために、背中が硬くても痛みを感じないという方が多いのです。

ただし、男性でもお仕事が肉体的にハードであったり、身長が180センチ近くの方はかがむことが多いために背中が曲がって痛くなったり、お酒の量が多い方は胃や肝臓の不調から背中に痛みが出やすくなります。

Q、背中の痛みになったらどうしたら良いですか?

A、基本的に原因の一つであるハードなお仕事など生活習慣は変えにくいので、もう一つの原因である背骨の歪みを整えることが必要になります。猫背を改善して、背骨の左右のズレを矯正すると劇的に楽になるケースが多いです。

当院では、背骨の左右の歪み(ズレ)を瞬時に改善する矯正法(痛みや危険はありません。)をもちいることにより、ほとんどの方(94%以上)の背中の痛みがその場で楽になります。
 

肩こり・背中の痛み・頭痛症例

【患者】 京都府亀岡市在住 女性(40代後半) 来院 2016 6月

症状

4月に京都市内から引っ越しをされ、引越しの後始末や新しい職場のストレスで、集中力ややる気が起きない状態が続いていたところ、5月下旬頃に突然ピキッと背部痛が起こると、それから全身疲労と肩こり・頭痛もに悩まされる様になった。

治療経過と内容

(初回6月15日)背骨の検査では頸椎左2番と右5番の歪みと、胸椎4番5番の歪みを確認。筋肉の検査では、首から肩にかけての筋群と腱引き筋がかなり硬くなっていた。また、肩甲骨が肋骨に張り付いて動かない状態であった。

症状の主原因は、背骨の歪み・首・肩・背中回りの筋群の硬化・肩甲骨が固まって動いていない状態によるものと考え、肩回りの筋群の硬化を緩めて、背骨の歪みを矯正すると、肩甲骨はかっちり張り付いて動かないものの、その日の帰り道では、何事もなかったかの様に背中の痛みが楽になっていたとのこと。
症例イラスト10.jpg
 
(4回目7月12日)3回目の施術の後に頭痛が消失したとのことなので、足の施術も行い坐骨神経痛と膝痛を改善する。

同時に改善した症状

坐骨神経痛・ひざ痛

矯正した主な関節

頸椎右左2番・右5番 胸椎4番・5番 肩甲骨は矯正できず。

シコリ(筋硬結)を緩めた主な筋群

頭板状筋・肩甲挙筋・僧帽筋・腱引き筋

考察

ほとんどの方は、加齢と共に大なり小なり背骨が歪んだり、筋肉が硬化が進行したりするもので、それに生活習慣(お仕事やご趣味)のストレスが加わって、身体が限界点を超えると症状が発症します。患者さんは引越しによる環境の変化やストレスで、自律神経の機能が落ちて血流の低下を起こすことで、今までは隠れていた肩こりや頭痛が表面化したのもと考察しました。

Q、整体で背中の痛みは楽になりますか?

A、はい、基本的に一般的な筋肉痛が原因の背中の痛みはほぼ日常的に楽になります。
(少ないケースですが、心臓や胃などの内臓の病気やがんなどの腫瘍が原因の背中の痛みは難しくなります。)

Q、シップや痛み止めで痛みはある程度は我慢できるのですが?

A、シップや痛み止めは、患部の痛みを緩和しているだけで、改善しているわけではありません。背骨の歪みなどの痛みの本当の原因をそのままにして、シップや痛み止めで痛みを抑えて我慢していると、ついには痛み止めが効かないくらい悪化する可能性が高いです。やはり、薬に頼らずに自然に痛みが出ない様にすることが大切です。

当院の背中の痛みの改善方法。

1、まず、背骨の痛みの根本原因である背骨の硬化を緩め、柔軟性を取り戻してから、背骨の前後・左右の歪みを整えます。

2、次に実際に背中の部分で痛んでいる患部周辺の、血流障害からくる筋硬結(しこり)を緩めます。

3、最後に背骨(胸椎)の左右の小さな歪みを矯正することで、ほとんどの背中の痛みは日常的に楽になります。

※日常的な暴飲暴食による胃や肝臓の疲労が、直接背中の痛みになっていると考えられる場合は、食生活の見直しを提案します。

背中の痛みは、慢性化すると結構つらいものです。できればあまり長期間我慢せずに、当院にご相談ください。

有楽健康整体院のご案内

住      所:

〒621-0834
京都府亀岡市篠町広田3丁目8-5

アクセス:

亀岡市バイパス篠インター下車5分
東つつじヶ丘郵便局徒歩1分

お問い合わせ・ご予約
0771-25-7149
営業時間:
【午前】08:00~15:30
【午後】18:00~21:00(最終受付:20:30)
定休日:
毎週月曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ