京都府亀岡市で慢性痛を根本改善できる有楽健康整体院

有楽健康整体院


変形性股関節症

股関節痛480.jpg変形性股関節症の痛みや手術でお悩みの方はご覧ください。
  1. お尻や足の付け根の痛みが『いつまでもとれない』と伝えると、変形性股関節症の手術を勧められた。
  2. 病院で『このままではいずれ手術になると思いますが、今はまだ痛み止めや注射で様子を見てください』と言われて、今後どうしたら良いかわかない。
  3. 変形性股関節症の進行悪化と痛みを止めたい。
  4. 数年前に股関節の手術を受けたが、最近また痛みが再発してきた。
  5. 手術しかないと言われたが、なんとか手術に頼らず今の痛みを取りたい。
  6. 仕事や介護があるので、できるだけ手術は先延ばしにしたい。
  7. 『年のせいなので仕方がない。』と言われたが納得できない。
  8. 介護されるのはイヤなので、寿命がくるまでは自分の足で歩きたい。
以上の様な変形性股関節症の手術についてお悩みの方でも、多くのケースで整体で痛みが楽になる可能性があります。

もしあなたが手術についてお悩みがあれば、手術を受ける前にこのページをご覧ください。

※医師から変形性股関節症と診断されても、軟骨の摩耗や骨の変形が軽度から中程度(手術をまだ勧められないレベル)であれば、整体で十分早期(1~4回程度)に痛みの改善が期待できます。


店長2[1].jpg

 ◆ 変形性股関節症の症状で、当院の整体で期待できるメリット◆

  • 痛みが楽になり、股関節の変形の進行を予防できます。
  • 痛みを気にせずに歩行できる距離が格段に伸びます。
  • 股関節が変形する理由と、変形の進行の回避の仕方が理解できます。
  • 旅行や家事・ご趣味・買い物などが痛みを気にせずにできる様になります。
  • 手術を引き伸ばしたり、回避したりする可能性も十分にあります。
  • 股関節が傷んで介護を受けない為の対処法が分かります。

1、基本的に医師(西洋医学)が変形性股関節症の手術を勧める目安とは

まず、多くの一般的な整形外科での変形性股関節症の手術を勧める大まかな目安は、

① MRIやレントゲンなどで、股関節の変形が中期から末期になっているのを確認できること。
② 股関節の可動域が悪く(目安として外転で10度~40度位)、痛みで日常生活や歩行に支障をきたしていること。
③ 股関節やお尻・太もものつらい痛みが、電気、牽引などで数か月治療してもまったく改善がみられないこと。


以上の3点が重なったときに、手術を勧められることが多いです。(股関節の場合55歳~70歳では特に勧められます。)これは、西洋医学では直接痛みのでている筋肉系よりも、骨と軟骨(股関節の変形や軟骨の摩耗)を中心に変形性股関節症の診断をするためです。

2、変形性股関節症の痛みの直接原因とは

変形性股関節症は、関節(関節包)と関節周りの筋肉や靭帯が炎症や虚血性疼痛(血流の低下による痛み)を起こして、持続的に痛みが発生していますので、例え関節の変形が進行期であっても、筋肉系の炎症と疼痛をおさめれば高い確率で痛みは改善できます。

これは実際に変形性股関節症で病院では改善が見られない方や、手術を勧められた方でも、股関節周りの筋肉の血流を手技で回復し、股関節周りの筋肉系の炎症や疼痛をおさめることで、多くの方々の変形性股関節症の痛みが日常生活に支障がないくらいには改善されていくからです。

また、何年か前に変形性股関節症の手術をしたが、数年後にまた股関節が痛みだしたと言われてこられる方もいらっしゃいますが、これも股関節周りの筋肉系の血流を良くして緩めることで、痛みが楽になるケースが多いことからも、痛みに対しては筋肉系の炎症や疼痛の問題が大きいことが伺えます。(ただし、骨が変形している以上、痛みは取れたとしても関節の可動域の改善は少ししか期待できません。)

手術にはある程度のリスクがありますので、お医者様も患者様の希望や同意がない限り無理に手術を勧めることはありません。

まったく歩行ができない位痛めていれば別ですが、整体を受けてみて変形性股関節症が日常生活を支障なく行えるくらいにまで楽になれれば、それに越したことはありません(可能性は高いです。(^◇^))。

また整体を何度か受けてみて、たとえ改善が見込めなかった場合でも、その後で手術を決断しても十分間に合いますので、手術でお悩みがありましたら決断をする前に是非一度ご相談いただけれたらと思います。


3人笑顔400.JPG

しつこい変形性股関節症の痛みから解放された皆さんの喜びの声!

最初の施術を受けた時凄く楽になり、遠い道のりを通っています。

Y・M様 男性43歳  症状:変形性股関節症

私は16年前に右側の股関節を手術しました。その時左側も痛みがでたら手術と言われて14年後、とうとう痛みが出ました。しかしその痛みは直ぐ治まりましたが、年齢を重ねる中に痛みが治まりにくくなって、今では毎日痛むようになってきました。

そんな時、ある健康雑誌で当院を知り最初の施術を受けた時に凄く楽になり、今では都合が会えば福井県から3時間30分の道のりを通っています。これからも通院して家でも教わった体操を頑張りたいと思います。

                             ※施術効果には個人差があります。

日増しに痛みが楽になっていくのがうれしいです。

J・Y様 女性49才 症状:臼蓋形成不全からの変形性股関節症

思春期に運動時痛みを感じ、整形外科にて臼蓋形成不全と診断されそれ以来、股関節症と付き合ってきました。一年ほど前より痛みが強くなり就寝時に痛みが出るようになりました。できるだけ手術は避けたい思いからインターネットでこちらの有楽健康整体院を知り、お世話になることにしました。

治療初日からズキンという痛みが嘘みたいに軽減し、歩行時の痛みもだいぶ楽になりました。治療に加え体操や歩行時の姿勢、足の運び方など分かりやすく教えていただき、日増しに痛みが楽になっていくのが、とてもうれしくてなりません。完治する病気ではないのでこれからもこれ以上症状が進行しない様にお世話になっていきたいと思っています。

                             ※施術効果には個人差があります。

精神的にも楽になりました。もっと早く来たかったです。

ポンコさん 女性60歳  症状:変形性股関節症

変形性股関節症で両足の太もものしびれと痛みで歩くのがつらく、針、あんま、整骨院等へ何軒も通いましたが楽になってもすぐに元に戻ったりの繰り返しでした。

有楽さんの股関節中心の治療のおかげで、歩くときの痛みがほとんど無くなり精神的にも楽になりました。もっと早くに来たかったです。

                             ※施術効果には個人差があります。

変形性股関節症の痛みが一か月ほどで取れました。

京都府亀岡市在住のK・N様(60代女性) 症状:変形性股関節症の痛み

整形で変形性股関節症と診断され、リハビリを始めました。ところが以前は走る時に足のつけねがひっかかる感じだけだったのに、どんどんいろんな所が痛くなり普通に歩くのもしんどくなってきました。

そんな時ネットでここを見つけ治療を受けました。言われる様に日常生活をしていると、一か月ほどで痛みはとれました。

現在は急な坂道はまだしんどいですが、日常生活では痛みを感じることなく過ごせています。

                      ※施術効果には個人差があります。

股関節の痛み落ち着いて夜もぐっすり眠れる様になりました。

股関節の手術後の痛みで来られたH・O様 京都府亀岡市在住の70代女性

昨年9月に股間節の手術を受けました。週2回リハビリに通い続けていますが、すっきりしません。その上酷暑の連夜で眠れず身体も苦しくなり、藁をもすがる思いでこちらでお世話になりお陰様で2回目から落ち着いて夜もぐっすり眠れる様になりました。有難うございます。

足腰の痛みは急に良くはなりませんが、日毎回復していく気がしてうれしくなりました。前向きに続けていきますのでどうぞよろしくお願い致します。

                           ※施術効果には個人差があります。

股関節施術480.jpg

当院での変形性股関節症の施術の一例

左足の変形性股関節症の手術とその後のリスクについての説明をを病院で受けて、疑問と不安が起こりお悩みだった京都市山科区在住の60代後半の女性

症状 

何年も前から変形性股関節症と診断されていたが、痛み自体は日常生活に支障がない程度だったので、定期的に病院で検査をしながら何年も過ごされていたが、2週間ほど前から急激に痛みが悪化して、歩行が困難になり、寝がえりも痛くてうてなくなる。 病院でもらった痛み止めも効かないので、担当医になんとかしてほしいと伝えると、手術を勧められるが、手術の内容とリスクについて疑問と不安が起こりお悩みになられて、ネットで調べて当院に来院される。

経過と内容

問診と視診で左足の内転が3度・外転が35度・屈曲が10度と、まだ屈曲と内転に動きがあるので、痛みの出ている股関節周りの筋肉群(鼠径部・中殿筋・大腿筋膜腸筋)の炎症と疼痛をおさめれば、痛み自体は楽になる可能性が高いと考えた。

  初日に股関節の矯正(関節が変形しているが、遊びの部分で矯正する。)と、股関節周りの筋肉群の血流障害を促進して炎症と疼痛を起こしている筋硬結を緩めることで、痛みが軽減していることを確認され喜ばれる。
週2回で来院されて1月後には、薬を止められて、夜もぐっすりと眠れるようになり、買い物程度であれば痛みなく歩くことが出来る様になる。

矯正した主な関節

仙腸関節・股関節・足関節

緩めたシコリ(筋硬結)

鼠径部・中殿筋・大腿筋膜腸筋・腸脛靭帯・ハムストロング筋

考察

変形性股関節症では、股関節の変形具合で、内転と屈曲が完全に固まり動かなくなるケースでは、痛みの改善は時間がかかったり難しくなったりするが、幸いK,s様は屈曲と内転に少しでも遊びがあったために、比較的短期間で痛みが楽になられた。

変形性股関節症では、痛みがきつくなると歩行ができなくなるために、家でじっとされて運動不足で足腰の筋肉が弱り、さらに股関節の傷みが悪化する悪循環になられるケースが多いので、足の痛みを抑えたあとは徐々に歩行を増やして筋肉を回復させる必要がある。K,s様は股関節の外側が痛んでいたので、外に体重をかけない歩き方を伝えて、家で無理のない程度で歩行を習慣づけるアドバイスを行い、当院で定期的に筋肉を緩めることで、今では痛みと手術の不安なく、楽しく毎日を過ごされている。 

改善の喜びの声 

koe81.jpg

2が月先に、左足股関節手術が決まっていました。担当医に説明を受け、疑問と不安が起こりました。そんな時、娘が有楽健康整体院を探し当ててくれました。

行ったことのない亀岡、受けたことのない整体、心細い気持ちでいっぱいでした。娘が同伴してくれることとなり、一か月が過ぎたころ、杖、シップ、飲み薬が私の生活から遠ざかり、その代わり2本足で自由に歩けるプレゼントを先生から頂きました。これからも、もっともっと歩きたいです。ず~とよろしくお願いいたします。

                                ※施術効果には個人差があります。

 3、変形性股関節症の原因と状態

変形性股関節症とは骨盤と大腿骨をつなぐ股関節(大腿骨側)の軟骨がすり減ったり、股関節が変形したりして、股関節の可動域(動ける角度)が狭くなることで、足の付け根やお尻(股関節の裏側)、太ももの筋肉が痛んだり、痛みの為に歩行などの日常生活やお仕事などに支障をきたす病気です。
 
日本人全体で有病率は100万人~300万人と言われています。臼蓋形成不全や発育性股関節脱臼などの小児期の股関節の病気が女性で多いため、変形性股関節症も女性に多く見られる病気です。

幼児期に「股関節脱臼」の既往があった人は平均で20~30歳、「臼蓋形成不全」では40歳~50歳で発症することが多く、片方だけでなく両方の足とも発症する場合もあります。  

変形性股関節症の状態は、軟骨がすり減っている股関節と股関節周りの靭帯や筋肉が、カチカチに硬くなり血流不足で炎症を起こして痛みを発しています。リウマチと同じ様に

関節の炎症は軟骨をすり減らしたり骨を変形させる直接原因になるので、変形性股関節症の治療では、この股関節と関節周りの筋肉や靭帯の炎症をできるだけい早く抑えることが最も重要になります。

変形性股関節症では多くの方が10年~20年前から出たり出なかったりしていた痛みが、ある日を境に毎日感じる様になって(初期)から1~2年で急激に関節の可動域が悪くなる傾向(中期から手術適応の末期)がありますので、最近毎日痛みを感じる様になった方は、シップや痛み止めでごまかさずに早めの対処が大切です。(足の爪を切りにくくなったり、靴下が吐きにくくなったら要注意です。)
 

 4、変形性股関節症の進行と悪化

変形性股関節症は、医学的に ①前股関節症⇒②初期股間節症⇒③進行期股関節症⇒④末期股関節症 と区分されます。

(一般的に進行期か末期で、その時の痛みや年齢などを考慮して手術を勧められます。)

変形性股関節症は股関節内の軟骨の磨り減りや骨の変形に平行して、老化と共に進行悪化していきます。(50代から増え始めます。)

股関節内の軟骨の磨り減りや骨の変形は、関節内と関節周りの筋肉や靭帯が炎症を起こすことで進行していきます。

炎症が起こる原因は、遺伝的にあるいは後天的に骨盤の形や股関節のはまりが悪いことで、関節周りの筋肉や靭帯がカチカチに硬くなり、関節内への血流が阻害されるためです。

(関節内の血流が不足すると炎症を起こして、痛みを発します。)


4henkei.jpg軟骨の磨り減りや骨の変形は、一度損傷すると損傷した分は元にはもどりませんので、変形性股関節症での対処で大切なことは、できるだけ軟骨や骨の損傷が少ない初期か中期のうちに、股関節の炎症を収めて、損傷の進行悪化を止めることになります。
 

当院の股関節痛を根本的に改善するための整体法

① 骨盤の歪みと股関節のズレをしっかりと整えます。
股関節痛は骨盤の歪みと股関節のズレや最大の原因になります。当院では、骨盤の歪みとはまりの悪くなった股関節を、独自の関節整体で回復していきます。未病の方は、これだけでほぼ股関節痛が楽になります。しかし、変形性股関節症が進行して中期から末期になると、関節が変形してしまい、だんだんとはまらなくなってきます。

②発痛部である股関節周りの筋肉や靭帯のシコリ(トリガーポイント・筋硬結)を緩めて流します。
当院では、血液循環療法(100年の実績・全国70店舗加盟)という体内の血流を高めることと、シコリを取ることが専門の整体法をメインに使用しています。

この整体法によって、
一般的な筋肉を揉んで緩めるマッサージや指圧では取れない、変形性股関節の硬い筋肉や靭帯の筋硬結をピンポイントで緩めて流します。

痛みの中心になる筋硬結(シコリ)を取っていくと、股関節周りが緩み痛みが根元から楽になっていきます。

 ③独自の関節整体で、変形性股関節の炎症を抑えて、痛みを改善します。
股関節に血液を流し込む独自の関節整体で、股関節周りの血流障害と炎症を改善して変形性股関節症の痛みを楽にすると同時に、これ以上の進行悪化を抑えます。

この様に当院の股関節痛への施術は、股関節の歪み・筋肉・関節の炎症に深くアプローチしますので、今まで当院の施術を受けた多くの方から


「あの時の痛みがうその様です。」
「痛みを気にせずに旅行にいけました。」
「歩行時の痛みが楽になりました。」


など多くの方に、つらい股関節痛・変形性股関節症の痛みの改善を実感していただいています。次はあなたが是非楽になってください。

 

 

有楽健康整体院のご案内

住      所:

〒621-0834
京都府亀岡市篠町広田3丁目8-5

アクセス:

亀岡市バイパス篠インター下車5分
東つつじヶ丘郵便局徒歩1分

お問い合わせ・ご予約
0771-25-7149
営業時間:
【午前】08:00~15:30
【午後】18:00~21:00(最終受付:20:30)
定休日:
毎週月曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ