京都府亀岡市で慢性痛を根本改善できる有楽健康整体院

有楽健康整体院


ひざ(膝)痛

膝痛480.jpg

病院で治療をしても、治療院に通院してもなかなか楽にならない、歩くたびに痛むしつこいひざや変形性膝関節症の痛みでも、

膝の痛みの2大原因(膝関節の運動制限・関節靭帯と腱の炎症)にきちんとアプローチすれば、

多くのケースで早期(1~3回)に痛みの改善が実感できます。
 
 

膝関節のこの様な症状やお悩みはお任せください。                    

  • 最近、歩くと膝や太ももよくが痛む。階段の昇り降りがつらい。
  • 病院や治療院で2週間以上治療しても、まったく楽にならない。
  • 最近О脚(外股)がひどくなってきたように思う。
  • ひざの痛みが徐々に悪くなっている様な気がする。仕事や歩行にも支障がでている。
  • 出産をしてから、ひざや腰が痛みだしてきた。
  • 何回水を抜く治療をしてもすぐに元に戻る。最近、膝が真っ直ぐ伸ばせなくなってきた。
  • 膝に効くと言われるサプリを飲んでも何も変わらない。
  • 病院で変形性膝関節症と診断されたが、「しばらく薬を飲んで様子を見ましょう。」と言われて、どうしていいのか分からない。
  • ひざの痛みを気にせずに趣味や旅行をしたい。

未病の膝の痛みと変形性膝関節症の違いについて

店長2[1].jpg

こんにちは! 京都府亀岡市 有楽健康整体院 院長の西脇です。慢性的なひざの痛みには、

ひざ関節とその周りの靭帯や腱(特にひざの内側と上側が多いです。)の炎症痛や疼痛、膝の裏側がひざを曲げると痛い、などの症状があります。


慢性の膝の痛みは未病の膝の痛みと病気の膝の痛みに分けられます。未病の膝の痛みとは筋肉痛のみのもので、病気の膝の痛みには変形性膝関節症と運動や事故などによる急性のケガによるものがあります。

※変形性膝関節症と未病の膝の痛みの目安になる見分け方は、あおむけに膝を曲げてかかとがお尻につけば未病で、どんなに頑張ってもかかとにお尻がつかない方で40代以上の方は、膝が変形している可能性があります。


膝痛女性480.jpg
まず、40代までの方の膝痛では、関節の変形や軟骨の摩耗はあまりなく、筋肉痛のみのものが多いので、当院では1~3回の施術でほぼ改善が期待できます。(痛みの根本的な改善方法はこの後ご説明します。)

しかし50歳以上になると、筋肉痛のみの未病の膝の痛みだけでなく、下図の様に膝が腫れたり水が溜まったりして膝軟骨や骨の変形を引き起こす

膝の腫れ.jpg
変形性膝関節症を発症する病気の膝の痛み方が徐々に増えてきますので、変形性膝関節症の方の症状は、初期から中期まででしたら改善するまでに当院では3~6回の施術が必要になります。

変形性膝関節説明イラスト.jpg変形性膝関節症が発症すると、ひざ周りが腫れたり、水が溜まったり、膝軟骨が摩耗したり骨が変形して、ひざを伸ばしたり曲げたりする動作が徐々に制限されていきます。

この段階で水を抜いたり、ヒアルロン酸を注入したり、シップを貼ったりするなどを何回も繰り返して、変形性膝関節症が進行する方が多いので注意が必要です。

(痛みの症状だけを対症療法で押さえても、ひざの痛みの根本原因になっている体質や生活習慣を変えないと根本的な解決は難しいです。)

変形性膝関節症は老化の影響が強いので、50歳以上から発症する方が増えて、60代・70代では重度(末期)の変形性膝関節症に進行して手術をされる方も多くなります。


また、発症がはじまったら、1~2年で初期から末期になり病院で手術を勧められる方が多いのも変形性膝関節症の特徴です。
膝痛老人二人イラスト.jpg※当院が専門で施術できる膝の痛みは主に慢性化した膝痛と変形性膝関節症になりますので、スポーツや事故等のけがによる急性の膝痛は保険施術の病院や整骨院をお勧めします。
 

ひざの痛みの原因と根本的な改善方法。

ひざの痛みの強い方は、ほとんどといってよい程О脚やガニ股の形で骨盤・股関節・膝関節・足関節のアライメント(接続部分)が微妙にズレて固まって形で体重を支えています。

О脚.jpgそして意外ですが関節の中で最も重要なのは、膝関節よりも股関節の外側へのズレとそれに伴う屈曲制限になります。
※下図の様に股関節がズレて屈曲が制限されると、太ももが上に挙がらなくなり、膝の全面に付着している筋群(大腿直筋・外内側広筋など)が常にカチカチに硬くなり、常時ひざが常につっぱった状態になることで、膝の痛みが慢性化していきます。

膝の痛みがある方のほとんどは下図の様にきれいに太ももが上にあがらない状態なのでお試しください。

股関節屈曲制限.png

当院では特に股関節を中心に骨盤・膝関節・足関節(足首)を独自の関節整体で、股関節の屈曲制限を改善して膝に作用している筋群の緊張を緩め、さらにО脚や外股の癖を改善してひざに真っ直ぐ体重が乗る様に調整することで、

ひざの施術.jpg
20代~40代の約90%の筋肉痛のみの未病のひざの痛みであれば、これだけでほぼひざの痛みが楽になります。

※ひざ関節の変形がない場合、下図の様に股関節の屈曲が改善すると、膝の筋群は緩みますので膝の痛みが消えていきます。


ひざ屈曲アフター.jpg
しかし、50歳を超えて老化の影響で、変形性膝関節症が進行して関節の損傷が中期から末期になると、関節が変形して矯正はあまり効かないので、膝に作用している筋群(大腿直筋・内外側広筋・ハムストロング筋など)の硬化をしっかりと手技で緩めていく必要があるので、痛みの改善までに約3~6回程度の時間がかかります。(約3~6回程度)このように

 ①根本原因である股関節・ひざ関節・足首関節・骨盤の歪みのズレを矯正して、О脚や外股を改善して関節の運動域を高める整体技術と

②直接原因(痛みの中心)である、炎症痛や疼痛を起こしている膝回りの靭帯や腱のシコリ(筋硬結)をきちんと緩めることで、膝の不調のほとんどは改善します。

 当院の施術の後に実感していただけるメリット 

  • しつこいひざの痛みが根本的に楽になります。
  • ひざのはれが引き、水が溜まらなくなってきます。
  • О脚や外股が改善します。
  • お仕事や家事・歩行などが痛みを気にせずにできる様になります。
  • 変形性膝関節症の方は、痛みが楽になり関節の変形の進行を抑えられます。
  • 手術をすすめられてい勧められている方は、手術を回避あるいは延期する可能性があります。

笑顔の女性1[1].jpg

 
当院はひざ痛・股関節痛・腰痛などのガンコな痛みの症状の
持続的で、できるだけ早期の改善、回復にとことんこだわり、

ここ亀岡市で14年の間に延べ25000人以上の方々に施術させて頂き、筋肉の硬化と関節の歪みに同時に深くアプローチする独自の整体技術を向上させてきました。

おかげさまで今までたくさんのひざ痛や変形性膝関節症でお悩みの沢山の方々から

『歩くたびに痛かった膝痛が楽になった。』
『痛みを気にせずに旅行に行けた。

『また、ゴルフができる様になった。』
『膝の腫れや溜まっていた水が引いて楽になった。』


などのお声や感想を、京都府や亀岡市・南丹市などで頂きながら施術を重ねてきました。もしあなたが、今現在病院・整骨院・マッサージ・鍼などで、頑固な膝の痛みが『3回以上通っても改善しない。』とお悩みでしたら是非一度、当院の整体を受けて見てください。

整体料金と地図はコチラ (京都府亀岡市篠町広田3丁目8-5)

※当院の施術はとてもソフトで痛くありませんので、女性やお年寄りの方でも安心して受けて頂けます。(^^♪

 

笑顔の中年夫婦2[1].jpg

しつこいひざの痛みが楽になられた皆さんの喜びの声

買い物にいくのもつらかったのですが、本当に楽になりました。

M・Mさん 女性68歳  症状:ひざの痛み

ひざとふとももが痛くて買い物に行くのもつらかったのですが、ここに通わせてもらって本当に楽になりました。

手術はいやだったので、本当によかったです。

                                   ※施術効果には個人差があります。

1カ月ほど通院したところ痛みが軽減、運動をしてさらに楽になりました。

C・K様 女性65歳  症状:腰痛・ひざ関節痛

腰痛、ひざ関節の痛みで困っていました。1ヶ月ほど通院したところ、痛みが軽減。

先生の指導で屈伸、ひもしばり、食事チェック etc・・・するうちに更に楽になりました。自分でできる努力を続けたいと思います。

                            ※施術効果には個人差があります。

 

今では旅行にもいける様になり、毎日の生活を楽しんでいます。

L・E様 女性78歳  症状:変形性膝関節症

長年、ひざ痛で整形外科に通院していましたが、一向に良くならず夜中にズキズキ痛んで眠れない夜が続きました。そんな時「夢21」(健康雑誌)でひざ押圧のことを知り来院しました。

先生に今までのことをお話して、治療をしてもらいましたところ、通院に2~3回の治療で、ひざの痛みがうその様に取れ今では旅行にもいける様になり、毎日の生活を楽しんでいます。先生には本当に感謝しております。
                             ※施術効果には個人差があります。

犬の散歩が難なく出来る様になり、大変喜んでいます。

K・O様 女性57歳  症状:ひざ痛

歩行が困難な状態までなっていましたが、治療していただいて犬の散歩も難なく出来る様になり大変喜んでいます。

                              ※施術効果には個人差があります。

膝痛、腰痛のメンテナンスは本当に快適でした!

C・K様 女性63歳 症状:膝痛・腰痛

膝痛、腰痛のごく初期段階で、整体のメンテナンスは本当に快適でした。長年使ってきた体をねぎらう時になっていることがわかりました。

先生のお話の中で、筋力低下は免疫力の低下、動かさないことが一番いけないことがはっきり認識できました。
これから心して身体をいたわりたいと思います。
その時整体は有効だと確信できました。


                             ※施術効果には個人差があります。


3人笑顔400.JPG

 


ひざ関節痛は原因から3つのタイプに分けられます。

①未病(筋肉痛)のみが原因のもの (比較的軽度で50代までの方に多い。)
筋肉痛のみの膝関節痛です。当院に来られる80%の方はこのタイプになります。意外ですが主原因は多くのケースでひざ関節にはなく、О脚や外股のクセにより股関節が外側にズレて硬くなることで、太ももがつっぱり、ひざ周辺の筋肉が引っ張られて硬くなることで起こっています。

当院では、①硬くなり運動制限を起こしている股関節を矯正して、②短縮して硬くなっている太ももの筋肉と、膝関節周りの痛みを発している筋硬結(シコリ)を緩め、③О脚や外股のクセを改善すればほとんどの痛みは早期(1~3回)に楽になります。

 

②変形性膝関節症などの病気が原因のもの(比較的重度で60代以上の方に多い。)
変形性膝関節症は、ひざ関節の軟骨がすり減ったり、骨が変形していく病気です。基本的に一度損傷した関節は元には戻りませんが、

当院では変形性膝関節症の初期から中期まででしたら痛みを日常的に楽にすることと、症状の進行を抑えることができる可能性は高いです。

関節症で大切なことは、できるだけ炎症痛(ひざが腫れたり水がたまったりしている状態)を改善して、これ以上ひざ関節(軟骨・靭帯・腱・骨)を摩耗・変形させない様にすること、(一度損傷した関節は元に戻らないため)と、手術になるほど関節の変形摩耗が進行悪化して、手術にならない様に予防することです。

目安として50代以上の方で、

  • 膝に水が溜まったり、腫れたりを繰り返している。
  • ひざを曲げてかかとがまったくお尻につかない
  • О脚・外股が目に見えてきつくなってきた。

などありましたら、変形性膝関節症の疑いがあります。

③事故やスポーツなどが原因のもの(急性のケガ)
スポーツや事故によるケガによるひざの痛みは、整骨院か病院の範囲になります。 (基本的に整体は慢性の症状が対象になり、整骨院や病院は急性のケガや病気が対象になります。)
膝痛女性480.jpg

有楽健康整体院のご案内

住      所:

〒621-0834
京都府亀岡市篠町広田3丁目8-5

アクセス:

亀岡市バイパス篠インター下車5分
東つつじヶ丘郵便局徒歩1分

お問い合わせ・ご予約
0771-25-7149
営業時間:
【午前】08:00~15:30
【午後】18:00~21:00(最終受付:20:30)
定休日:
毎週月曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ